湯快リゾート 白浜彩朝楽 キッズルームに母3人子3人で泊まってみた①

オススメ子連れスポット
sdr
スポンサーリンク


親子連れ3組で、
湯快リゾートプレミアム 白浜彩朝楽キッズルームに1泊2日で泊まってみたのでレポートです!!


かつては「女子旅」をしていた私たちも、いつの間にか子供を連れて「母旅」が出来るようになってしまいました。


母3人と1~2歳の子3人(しかも全員男の子!)を連れてドコ行こか?と考えた時、一度子連れで泊まってみたいと思っていた湯快リゾート 白浜彩朝楽が思い浮かびました。

何故湯快リゾートプレミアム 白浜彩朝楽か?

湯快リゾートプレミアム 白浜彩朝楽には、子連れで行くメリットがたくさんあるんです!

  • 1歳児から楽しめる大きなボールプールや滑り台のあるキッズスペースがある
  • キッズスペース付きの宿泊部屋がある
  • 夕食がバイキングでキッズメニュー(離乳食含む)が充実している
  • レストランのテーブルの真横にキッズスペースがある
  • 天然温泉があり広くて綺麗
  • アドベンチャーワールドまで車で5分


湯快リゾートプレミアム 白浜彩朝楽までのアクセス

今回私たちは、新大阪駅からJR特急「くろしお」に乗って白浜まで行きました。

乗車券と特急券(自由席)合わせて、片道5,170円往復だと1万円以上かかることになります。

湯快リゾートのもっと安い直行バスもあるのですが、1時間以上時間が長くなること、座席がどうしても狭くなることを考えて、電車で行くことに。

乗り換えなしで、2時間半で到着します!

土日のくろしおは、自由席の方が空いてる!?

指定席とるべきかな!?と悩みもしましたが、指定席より自由席の方が空いている程、ガラガラでした!

座席を回せるので、4人席×2か所を確保し、6人で悠々と座ることが出来ました♪

眠くなった子供たちを横に寝かせることも出来たので楽チン~♪

新大阪で好きなお弁当を買って、車内でワイワイ食べて、寝て、としていたら、あっという間に2時間半が経ち、白浜に到着しました~!

JR白浜駅の衝撃の事実

やったー!白浜ついたー!とテンション高く電車を降り、出口改札は向かい側のホームにあったので、向かい側に行くべく、ベビーカー3台連れてエレベーターを探したところ、ある衝撃の事実に気付く。

白浜駅、エレベーターが無い。

…え?観光地だよね…?むっちゃ子ども来るよね…?

え…車いすの人も白浜には来るなってこと…?マジで…????

と、かなり困惑しながらも、とりあえずエスカレーターはあるので、ベビーカーから子を降ろし、順番に子どもとベビーカーを連れてエスカレーターを上る。

途中、えっさほいさとベビーカーと子どもを運ぶ母3人(そのうち妊婦×2)を見つけた駅員さんが恐縮そうに運ぶのを手伝ってくれました。

(ありがとう駅員さん!駅員さんもきっと同じぐらいエレベーターが無い事実に困ってるよね…)

無事改札を通り、タクシーでホテルまで。

10分もかからず、1200円程度だったと思います。

湯快リゾートプレミアム 白浜彩朝楽にチェックイン!

チェックイン時間は15時でしたが、14時に到着した私たち。

たまたま部屋が用意できていたので、問題なくチェックイン出来て、お部屋にも入れてもらうことが出来ました♪

ロビーに大きなクリスマスツリーがあって可愛かったです。


白浜彩朝楽 宿泊部屋<キッズルーム>へ

湯快リゾートにはキッズスペース付きのスタンダートルームがある所があり、白浜彩朝楽もその一つです。

部屋の中に滑り台やブロックがあるなんて…!!本当に有り難い部屋ですよね!

白浜彩朝楽 公式HPの写真では、和室仕様でしたが、

白浜彩朝楽 公式HPより

実際に私たちが泊まった部屋は、和室部分にキッズスペース、洋室部分にベッドが2つある和洋室でした。

こちらが和室部分。
奥がキッズスペースです。

布団が荒れててスミマセン。。。
洋室部分にはベッドが2つ。


おそらく1~2室しか無いのですが、土日だと半年先まで予約が埋まっていることも。

私は今回、12月初旬の日曜日チェックイン、月曜日チェックアウトの予約を取りましたが、7月に予約して、何とか確保できた感じです。

お早目の予約をオススメしますよ!!

という訳で、公式HPの写真よりは若干狭いかな?という印象はありましたが、子ども達は大喜びなので無問題!!

この部屋のすごいところは、和室と洋室の両方にテレビがあり、また和室と洋室を扉でしっかり区切れること。


これはどういうことかと言うと…

子ども達を真っ暗な和室で寝かしつけた後、大人は洋室のベッドで悠々とテレビ観ながら楽しめるということなのです~!

洗面所の洗面台は2つあり、子ども用の踏み台も完備!

トイレにはもちろん、子ども用便座もありました。

そして!とっても有り難かったのが玄関部分が広い!

ベビーカー3台、折り畳む必要がないくらい、悠々と置くことが出来る広さです。

荷物を置く場所も多く、高い位置にあるので、よく子連れ旅行のホテルや旅館の部屋でありがちな、「あー!ダメダメ!電気ポット触らないで!湯呑み、出しちゃダメ!バッグから勝手に物出さない!」というセリフも言う必要なしでした(笑)

とにかく物を全部上に上げたため荷物だらけ(笑)


広々使えて、子どもも部屋で暴れ放題!

とにかく子連れにはもってこいのお部屋でした~~!




続いて、噂のキッズパークレストラン温泉についてご紹介します♪



~つづく~

コメント

タイトルとURLをコピーしました