【35w5d】35週後半で逆子が直った話【逆子、横位】

妊娠・出産・子育て
スポンサーリンク



27週から「逆子ですね」と言われ、その後35週の終わりまでずーーーっと逆子で居続けた娘。

長男も29週あたりで逆子と言われましたが、逆子体操だけやっていれば1週間後にはまた正常位に戻っていたので、今回もまぁ余裕だろうと思っていたら大誤算〜〜!!!

そんな訳で今回は、35w5dで何とか逆子が直った私が、逆子を直すためにやったこと、逆子の時に感じたしゃっくりの位置などについて、書いていこうと思います!


まず私が個人的に思っていることで言いたいのは、逆子を直すために色んなことを試しましたが「これをやったから逆子が直った」と言えることは何一つ無い!ということです。

私は産み分けに関しても 同じ考えでしたが、基本的に医学的根拠や科学的根拠が無いものは全て「おまじない」としていて、でも私はそのおまじないをやるだけやらないと絶対後で後悔しちゃうタイプなので出来ることは全部やっちゃうんです…。

結果、産み分けも逆子も無事成功したので、まぁおまじないやっといて良かったな、何が効いたんか知らんけど。という、全く参考にならないっちゃならないので申し訳ないのですが(笑)

それをふまえた上で、読んで頂ければと思います〜


週1の健診で赤子の位置としゃっくりの位置を確認しよう

逆子だと言われて、まず一番最初にやるべきことは、「赤子のしゃっくりを、お腹のどの辺りの位置で感じるか」の確認です。

これを知ることによって、今赤子がどんな体勢で腹の中に収まっているのか、大体予想することが出来ます。

そしてその予想は、逆子体操や寝る時にどちら側を下にして寝るべきかの判断基準に使えます。
私はかなりこれが重要だった気がするなーと後々思っております!


赤子のしゃっくりの位置は、実は人によって感じる場所が違います。
ということを、私はネット検索であらゆる逆子経験者のブログを読んで知りました(笑)

赤子の頭が下にあって、しゃっくりを膀胱辺りで感じる人
赤子の頭が下にあって、しゃっくりをみぞおち辺りで感じる人
赤子の頭が上にあって、しゃっくりを左骨盤辺りで感じる人
赤子の頭が上にあって、しゃっくりを膀胱辺りで感じる人
などなど、本当に千差万別なんですよね。

ちなみに私は、赤子の背中からお尻にかけての位置がある場所で、しゃっくりを感じるタイプでした。

どうやって分かったの?というと、健診直前のしゃっくりを感じる位置と、健診でのエコーの赤子の位置を見て、数回目で分かりました。

図で説明します!

図で見る赤子の位置としゃっくりの位置(ACOの場合)

これが31週4日目の健診時の赤子の位置です。
いわゆる頭位でも逆子でもない、「横位」ってやつでした。
この時私は★マークの部分、下腹部右下でいつもしゃっくりを感じていました。
(以下同様、図の★マークがしゃっくり位置です!)

病院からは、横位の場合は逆子体操はせず、右側を下にして寝るように言われました。

続いて33週4日目の健診の赤子の位置。
むっちゃ回ってる。むっちゃ回ってるけど。ちゃうねん。その回り方ちゃうねん。
この時私は腹部右真ん中〜上辺りでしゃっくりを感じていました。
この辺りで、「あ、私は赤子の背中からお尻にかけての位置がある場所で、しゃっくりを感じるんだな」と分かってきました。

病院からは左側を下にして寝るように言われました。

一週間後、逆子チェック時の赤子の位置。
がっつり逆子になってるーーー!てことで、
この時私はしゃっくりを下腹部右下で感じていていました。

あと、この時とにかく何を食べてもすぐ胃もたれしたり、圧迫感を感じたりして、しんどかったです。
「来週逆子直ってなかったら、帝王切開の日決めようか」と言われ、いよいよ帝王切開が現実化してきてちょっとビビりました。(←絶対そのうち直るやろとデカく構えていたwww)

逆子体操をして、右側下にして寝るように言われました。


そして迎えた35週。
逆子チェック日の前日ぐらいから、しゃっくりの位置が完全に腹部真ん中にきたことと、腹部横辺りでよく胎動を感じたこともあり、「あ、これ、また横位になってる」と確信していたので、逆子体操はストップして、左側を下にして寝るだけにしていました。

そして案の定、健診時エコーで見てもらうと横位になってました。

今もしかしたら頭位になりかけの時なのかも?と言われ、帝王切開日を決めるのは翌週に。
逆子体操はしてOK、左側を下にして寝るように言われました。

健診から4日後、
「ん!??胎動がむちゃくちゃ上で感じるぞ!?しゃっくりの位置もむっちゃ上で感じる!!」
「これは…逆子直ってんじゃないの!??」

と確信。

次の健診までまだ日にちはあったけれど、逆子じゃないのに逆子体操をするとまた逆子に戻ってしまう可能性もあるし、右側と左側、どちらをを下にして寝るべきかも気になったので、病院に逆子チェックに行くことに。

すると、予想通り逆子が直ってましたーー!ばんざーい!!!!

ということで、無事に翌週、無痛分娩の予約に進めました。



しゃっくりの位置と赤子の位置の関係性を知っておくことで、このように、今赤子がどんな体勢か、逆子体操はすべきか、右側左側どちらを下にすべきか、などを、病院に行けない日でも自己判断出来るようになりました。(※ただし、これはあくまでも自己責任の上での自己判断なので、基本的には病院に行って指示をあおるのが良いと思います)

逆子体操

逆子体操は、夜寝る前と朝起きた時の2回必ずやり、あとはお昼間に余裕がある時にやっていました。

うちの病院は、四つん這いから姿勢のいわゆる「胸膝位体操(きょうしついたいそう)」を勧めていたので、胸膝位を朝晩やって、たまにお昼に、腰の下にクッションを入れ、ブリッジのように上げる「骨盤高位(こつばんこうい)」をやっていました。

よく、この逆子体操中に「ぐるっと回った感覚があった」というブログやYahoo知恵袋の回答を見たりしましたが、私は体操中、特に何も感じませんでした。

ただただ、体勢が辛かった!(笑)
特に四つん這い姿勢の方は、お腹が苦しいと言うか、とにかく肩が痛かったです。
あと、鏡見ながらやれっつったって、鏡ないから体勢が合ってるのか間違ってるのかも定かでなく、「しんど〜〜」と思いながら15分…。
15分、マジで長かったです。私はブリッジ法の方が圧倒的に楽でしたね…。

鍼・お灸

逆子に鍼灸が効く、というのは、私的には「ホンマかいな」の塊だったんですが、
ちょうど31週の時に、産院に鍼灸の先生が出張で来てくれるということで、先生にも勧められたので予約してみました。


こんな感じで、1時間ほどで終了。
貰ったモグサが無くなるまで、毎日朝晩(出来ない日もありましたが)、家でもお灸は続けました。
34週ぐらいまで続けたけど、逆子は直らないし、モグサに火つけて左右10回て、まぁまぁ手間だしということで、自己判断で「貼るお灸」に変更することにしました!

AMAZONでこちらを買いました。


これを足のくるぶし(三陰交)にペタっと貼り、3〜4時間おきに交換していました。
貼ったからと言って、体がポカポカ〜みたいな分かりやすい効果はなかったですが、まぁ真冬でしたし、やらないよりはやった方が…という気持ちで、これも逆子が直るまでやり続けました。

お腹にホッカイロ

なんだかんだ、私はこれが一番効果あったんじゃないか???と思います。
というのも、逆子体操してもお灸しても直らず、いよいよ焦りだした34週の頃、まだ試してなかった「下腹部を温める」というのを実行してみることにしました。

なぜやってなかったというと、「ホッカイロで子宮が温まるは嘘」「下腹部にホッカイロなんか貼ったら赤ちゃんが暑がる」というお医者さんの意見も聞いたことがあったからです。

でもまぁ、「赤ちゃんは暖かい方に頭を向けたがる」という意見を全面的に信じてみようと思い、毎日ホッカイロを下腹部に付け続けました。
すると、この頃から、「ぐいーーーん」と回転するような胎動がやたら増え始めたんです。

そして結果的に、ホッカイロをつけ始めて3日で逆子から横位に、そこから3日で横位から頭位に変わりました。

ちなみに、ぶ厚めのインナーの上にホッカイロを貼り付けるようにしました。
妊娠中はお腹の皮膚が薄くなっているので、直接貼ることは勿論NG、また、服の上からでも薄手のものだと、火傷してしまう可能性があるので、お気をつけくださいませ!!

逆子が直ってからの過ごし方

35週5日で逆子が直った訳ですが、産院からは「まだ逆子になる可能性あり」と言われました。(ヤメテクレ)

逆子の間、「お腹が張っていると逆子が直りにくい」ということで、張り止めの薬(リトドリン)を一日3回飲んで、出来るだけ安静にしていました。
しかし。逆子が直ってからは、今度は打って変わって「どんどん動け、お腹が張ったほうが逆子に戻りにくい」と言われ、張り止めを飲むのもストップ、積極的に動き回るようにしました。

そして、しゃっくりの位置や胎動から、今赤子の背中がどこにあるかを推測し、右か左どちらを下にして寝るかを判断しながら寝ていました。

下腹部にホッカイロも計画無痛分娩の入院当日まで続けましたよ〜!

逆子が直っても頻尿は続く

そんな訳で、無事に38週0日の入院当日まで、何とか頭位をキープすることが出来ました。

逆子だと頻尿になりやすい、と聞いていて、実際に逆子のときは頻尿だった訳ですが、逆子が直ってからも変わらず頻尿のままでした。
膀胱がツーンとする感覚もずっとありましたし、グイグイ押される感覚もありました。

ただ、胃腸の気持ち悪さは逆子が直ると共に、すっかり良くなりましたね!

最後に

結局、個人的にはホッカイロが効いた気がするのですが、あくまで気がするだけの話。

それでも、とにかくあらゆることを試してみて良かったと思っています!

私の産院では、外回転術はしない方針だった上に、「逆子は何しても直らない時は直らない、正直どうしようもない」という考えだったので(笑)、私も半ば諦めかけで色々実行し、帝王切開になってしまっても凹まないように、色々帝王切開レポートを読んだりもしました。

逆子になっても悲観的になり過ぎず、淡々とやれることは全てやっとけば、最終的に直らなかったとしても後悔しなかったと思います。



というわけで、私の8週間におよぶ逆子レポートは以上です!!


みなさんも、自分が一番納得できる方法を見つけて、色々試してみてくださいね〜!



読んで頂き、有難うございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました